私たちプロの職人達はこう考えます。
素晴らしい日本の庭園文化を生かしつつ、 現代の家屋との調和を図り、せわしない日常を
忘れさせてくれるお庭をご提案したいと。
気ままな、物思いにふける特等席をおつくり致します。

新着情報

  • 2022年06月23日 ブログを更新しました。

    ブログを更新しました。『資格取得

  • 2022年04月13日 ブログを更新しました。

    ブログを更新しました。『芽吹き

  • 2021年12月28日 ブログを更新しました。

    ブログを更新しました。『冬の訪れ

  • 2021年01月05日 ブログを更新しました。

    ブログを更新しました。『御庭番衆

ブログ

資格取得

6月も下旬となり、梅雨真っ只中。

雨の中の作業に加え、蒸し暑さもプラスされ大変暑いです。

夏の暑さは増している一方、私は今年の夏は造園業での初めての作業となりますので無事に乗り越えられるか・・・試されます。😊

わが社、寺尾園芸土木は積極的に資格取得をサポートしてくれます。

新入りの私も早速、資格の講習を受けています。最近では、「玉掛け」「高所作業車」「刈払い機」「フルハーネス型墜落制止用器具」の講習・実技を受けてきました。どれも造園の作業で使うものばかりですので、会社からこのように受けさせて頂けるのは、すごく特権だと思います。

講習や実技を取得したからすぐ出来るものばかりではありませんが(やはり経験や回数をこなす事が大事)、講習は、特に危険に対しての知識や認識の後押しになっていると思いますので、とても有意義なものでした。どの作業も危険が伴いますので、とても大事だと感じました。

「玉掛け」は移動式クレーンなどで物を吊るす時に物にワイヤーや紐を引っかける側の人を指します。

また、クレーンの操縦をするとなると「クレーン運転士」等の資格が必要になります。

「高所作業車」は10m以上の高さで高所作業車を使用する際には必要になってくる資格です。

10m以下であっても特別教育が必要となってきます。

また、これから「造園技能士」等の資格も取得していく予定です。

資格取得に積極的な会社ですので、こちらのブログをみて興味を持たれた方がいらしてくれたら、嬉しいなと思います。

従業員も募集していますので、興味がありましたらご連絡をお待ちしております。

私たちと一緒に働いてみませんか??

(文:もんもん)